d_navi47

 

일본현지소식

AIでバス運転手の表情など分析 安全管理の新システム
Name   :   admin    (작성일 : 17-12-14 / Hit : 441)


AIでバス運転手の表情など分析 

安全管理の新システム




路線バスの事故防止につなげるため、運転中のドライバーの表情や目の動きなどをカメラの画像を通じてAI=人工知能が分析して、事故につながりかねない運転のくせなどを見つけ出す、安全管理の新たなシステムが開発されました。

システムは通信大手の「KDDI」と、千葉市のバス会社「小湊鐵道」が開発しました。

運転席につけられたカメラが5秒ごとにドライバーの顔を撮影し、それをAI=人工知能のシステムが分析する仕組みです。

顔の表情や向き、目の動きなどから、AIが、ドライバーの運転中の感情の変化や、脇見運転をしていないかを判断します。

またGPSで記録したバスの走行データと合わせることで、事故につながりかねない運転のくせなどを特定し、安全管理の教育や指導に役立てることもできるということです。

今回、こうしたシステムが開発されたのは、去年1月に発生した長野県軽井沢町でのスキーバス事故を受け、国土交通省が貸し切りバスの会社にドライブレコーダーの映像の記録を活用した指導監督を義務づけるなど、ドライバー教育の強化を求めていることが背景にあります。

システムは今後、本格的な実用化を目指して改良が続けられます。

小湊鐵道バス部の小杉直次長は「人命を預かる以上、バス会社にとっては安全を追求するのは永遠のテーマであり、ドライバーの教育指導を充実させたい」と話しています。



[출처: 2017년 12월 12일자 NHK NEWS WEB]


   


 

 

회사소개    |    개인정보취급방침    |    이용약관

니혼고이브릿지 /  대표 : 변상훈 / TEL :070-8672-5551 / 사업자등록번호 : 614-92-00352 / 통신판매업번호 : 제 2019-충북청주-1487 호

주소 : 충청북도 청주시 흥덕구 사직대로 41번길 25, 2층 / 윈윈에듀 원격평생교육시설 91호(충청북도청주교육청)

copyright(c) 2010 日本語ⓔ-Bridge. All rights reserved.