d_navi47

 

일본현지소식

PM2.5大幅改善 中国の対策進んだ影響か
Name   :   admin    (작성일 : 17-04-10 / Hit : 547)


PM2.5大幅改善 策進んだ影響


健康への影響が指摘されている大汚染物質「PM2.5」の濃度が、平成27年度は全測点の7割以上での基準を達成し、前の年度に比べて2倍近くに改善したことがわかりました。環境省は、中で大汚染策が進んだことなどが影響したと分析しています。







「PM2.5」は、ぜんそくや管支炎を引き起こすとされる大汚染物質で、国内の工場や自動車などから排出されるほか、中大陸から運ばれてくる「越境汚染」の影響も指摘されています。



環境省は、健康を守るために維持することが望ましい基準として、空中の1立方メトルりの濃度を1日の平均で35マイクログラム以下などと定めていますが、平成27年度は、全測点の75%にたる570の地点で、この基準を達成したことがわかりました。これは、前の年度の38%に比べ2倍近くに改善しています。



理由について環境省は、中国国内の大中の濃度がおととしまでの2年間でおよそ2割減少するなど、大汚染策が進んだことや、平成27年の4月ごろは全的に南寄りの風が吹きやすく、中から「PM2.5」が運ばれにくい件だったことなどをげています。



一方で、中に近い九州北部や瀬戸内海沿岸では、依然として達成率が低いことから、環境省は引きき、中との技術協力などを通じて策を進めることにしています



[출처] 2017년 4월 4일자 NHK NEWS WEB (http://www3.nhk.or.jp/news/html)


   


 

 

회사소개    |    개인정보취급방침    |    이용약관

니혼고이브릿지 /  대표 : 변상훈 / TEL :070-8672-5551 / 사업자등록번호 : 614-92-00352 / 통신판매업번호 : 제 2019-충북청주-1487 호

주소 : 충청북도 청주시 흥덕구 사직대로 41번길 25, 2층 / 윈윈에듀 원격평생교육시설 91호(충청북도청주교육청)

copyright(c) 2010 日本語ⓔ-Bridge. All rights reserved.